2008年11月15日

稲刈りとセッションと… 芸術と収穫と旅の秋である。

 10月下旬は競演の連続となった。筝奏者の山路みほさん、25弦筝ユニットの「心花」の二人、ピアニストの西村一穂さん。どの楽器もパンフルートととても相性が合うのである。

 山路さんとは、私が作曲した「かぐや姫組曲(仮称)」を共演していただき、独特の世界観を一緒に表現してくださっている。今月下旬には岡山シンフォニーホールで1時間のステージをごいっしょいただく予定である。

  心花の二人とセッションした「故郷」の演奏、これまたぐっとくるパフォーマンスを繰り広げることができた。

  そして西村さん、彼女とは一年ほど前に知り合い、本格的に共演するようになって半年ほどである。「誰も寝てはならぬ」の私の歌唱の伴奏もしてくださり、「歌とパンフルート」という私の独特のスタイルを今後一緒に発展させてくれるであろう、パートナーとも言える存在になってきている。レパートリーの幅も徐々に広がってきていて、来年には彼女との共演の機会をどんどん増やしていくことになるだろう。

 この3組の演奏家との共演を通して、繊細な表現力を磨いてこれたことは間違いないと思う。

 11月は出張の連続である。大阪ではライブハウスでの演奏。茨城県の筑波では学習塾での演奏。今のところ私のパンフルート演奏の北限は筑波である。大阪では歯医者さんの集まりでの演奏となった。

 そして翌週には東京に出張。来年の2月6日に東京で行われるコンサートの共演者である揚金(ようきん)奏者の金亜軍(きんあぐん)さんとの顔合わせ、そしてコンサート内容の打ち合せである。 私がパンフルートの音色を聴いてもらうために、童謡・唱歌を演奏すると、金さんは揚琴で即興の伴奏をつけてくださった。どう例えていいのか… まるで音のカーテンに包まれるようなそんな気分にさせる音色である。気がつけば、同席していた関係者のご夫人二人は感動の余りか涙をこぼしていたのには、ビックリさせられてしまった。

 その東京での打合せから数日後、今度は徳島県に出張である。剣山のふもとに位置する「美馬(みま)市立木屋平(こやだいら)幼稚園・小学校」。この学校の校長先生が、大阪のABCラジオの番組「おはようパーソナリティ道上洋三です」に私が出演したのを、通勤中にたまたま聴いてくださっていたのが、そもそものきっかけである。今回は地区の「人権教育研究会」での講演という、講師としての学校訪問となった。昼前に学校に到着、しばらくして給食の時間となり児童全員といっしょに給食を食べた。全校児童数が20数名という、絵に描いたような大自然の中の小さな小さな学校である。だから先生も児童も全員一緒にホールで給食を食べられるのである。まるで大家族の食事風景であった。その給食の前に、「パンフルート・ミニ・ランチショー」をみんなの前で10分間ほどさせてもらった。子供達の目が興味津々でキラキラしていたのがとても印象的だった。講演会は小学校の体育館で行われた。パンフルートのパフォーマンスと、第二の人生を演奏家として再出発するにいたった経緯の話や、全国のコンサート会場で起こった、心温まるエピソードなどの話をさせていただいた。結局、半日この学校にいたことになり、なんだかとっても好きな場所になってしまった。

 明日から二日間は鳥取でコンサートである。旅はまだまだ続くのである。10月末には実家の稲刈りも行われ、今年の新米が先日届けられて来たようである。飯の準備も完了である。いつでも旅の準備OKである。 しがない笛吹きだが、お声をかけていただく限り、全国どこへでも出向いて、切々と笛を吹きつづける。そのすべての行為が、私に勉強の機会を与えてくれている、そう強く思う今日この頃である。私の名前が「勉」だということに、最近妙に納得するのである。

この記事へのコメント
克明徳
今月の4日に閑谷学校の楷の木の紅葉を観に行きました。今年の紅葉は最高でした。数年前は一本の木が元気が無かったように見受けました。
8日からライトアップということで美しさも増していることだと思います。

先日は娘が行きまして尺八の音が流れていたといっていました。また閑谷のライトアップの紅葉の元でパンフルートの音色が流れると最高でしょうね。
世界遺産の要望書にはサインしときました。

資料館に行きますと昭和天皇が植えられて数年経過した楷の木の階段を降りられている写真が展示してあります。今年で楷の木も90歳のようです。
人は一生勉強ですね。
またいつか素晴らしい演奏楽しみにしています。
Posted by トンコ at 2008年11月16日 11:31
トンコ様
コメントありがとうございます。昨日と本日と鳥取県でコンサートを行ってきました。どちらも紅葉が、それはそれは美しい最高のコンディションの山里の会場でした。音には色がありませんが、私の笛の音を聴いた方の心の中に、紅葉のような温かい色合いが広がり、慈しみの気持ちがほのかに膨らむよう、これからも精進してまいります。 いつもありがとうございます。
Posted by 『備前の風』 at 2008年11月17日 20:32
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13350728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)