2009年06月05日

新緑を吹く風のコンサート、無事終了!

 五月三十一日、毎年恒例となった八角園舎コンサートがインフルエンザの影響も受けなく、無事に行われた。会場には150人のお客さんが集まってくださった。未就学児が20人近く、そしてまさに老若男女の客席となった。会場に入りきれないお客さんは、外からの立見で見てくださったりもしてくれていた。こんなに大勢の方にお越しいただいて、ありがたい話しである。
 昨年は、前半がパンフルートのみのソロ演奏と後半がピアノとの共演という2部構成としたが、今年は1部がピアノとの共演で、サンサーンスの「白鳥」、そして「愛のあいさつ」、「荒城の月」、シューベルトの「アヴェマリア」を演奏。2部ではパンフルートのみのソロ演奏で「子供向けの楽しい行進曲メドレー」や「幻想的わらべうたメドレー」「もし海外でストリートパフォーマンスしたらメドレー」などを演奏。お客さんの手拍子で、さらに盛り上がることができた。そして3部ではピアノと再び共演で「G線上のアリア」や「川の流れのように」や「千の風になって」を披露。そして、最後は「ふるさと」の大合唱で締めくくった。
 客席の7割の方が、今回はじめて私の演奏を見るとのことで、リピートの人もはじめての人も、楽しんでくださったようだ。前日に高松で、世界的パンフルーティストのコーネル パナ氏のコンサートを見て、とても良い刺激を受けていたので、今回の演奏はいつもと少し違っていたかもしれない。さて、この演奏内容を14日には大阪で披露する予定である。今からわくわくである。
 今年の八角園舎コンサートも、ケーナ奏者である私の知人が撮影してくださったので、動画で公開できる日がそのうち来ると思う。これも毎年ありがたい話なのである。
この記事へのコメント
こんにちは
八角園舎に行く予定にしていましたが仕事が入り残念でした。今年も多くの人達が楽しまれたご様子で何よりです。動画サイトにアップされるようで楽しみにしています。

パンフルートの第一人者の演奏をお聴きになって大きなパワーをいただいたことでしょう。演奏活動がめじろ押しのご様子で充実した日々を送られているのが伝わってきます。車の中でよくCDをお聴きしていますが癒されます。レパートリーもジャンルを問わず増えているようで楽しみです。健康面に配慮され益々ご活躍されることを祈っています。


Posted by トンコ at 2009年06月07日 07:38
トンコ様
コメントありがとうございます。演奏に関しては、さらに深く深く。そして活動範囲については、さらに広く広く。で、参ります。何はともあれ、お互い体が資本ですね、はい。
Posted by 『備前の風』 at 2009年06月07日 11:22
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13465831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)