2010年07月20日

5年パンフルート解体

5年PF解体.JPG備前の風を作り始めて初期のモデルを、私はコンサートのメインの楽器として使用している。もちろん最近では、「虹」の22管もちょくちょく使っているのであるが、やはりここ1番と言うところでは、上記の写真の20管を使うのである。つまり5年間、いつも私の傍らにあったパンフルートなのである。北は茨城県や東京から、南は大分まで、そしてNHKラジオの「ラジオビタミン」のスタジオでもこのパンフルートを吹いたのである。ファーストCDもセカンドCDもすべてこの笛の演奏だったと思う。

さー、そのパンフルートを5年目にしてはじめて解体することにした。主たる目的は、ひもの交換である。5年間の演奏の汗が固定用の紐に染み込んで、少々「しょっぱくなっているので」交換するのである。その解体したパーツが上記の写真である。5年間耐久テストのつもりで、わざと乱暴気味に扱ってきた。炎天酷暑の広島平和記念公園での屋外演奏や、手足がかじかむような寒さの中での演奏も経験してきた。この間何度かチューニングは修正したが、それ以外はほとんど何もしていない。それなのに紐を解いてびっくり、痛んでいるところはどこもなかったのである。しいて言えば、油抜きの竹の茶色い色の度合いが増して、存在感が増してきているところであろうか。

これからもよろしくなのである。

この記事へのコメント
いよいよ、東京公演ですね!
今井さんの更なるご活躍をお祈りしています。
頑張ってください。
Posted by スエヒロ at 2010年08月19日 22:46
スエヒロ様
少々ご無沙汰しておりますが、お元気でいらっしゃいますか?コメントありがとうございます。実は先ほど東京から帰ってまいりました。東京公演の詳しいお話は、また「風の音日記」にアップしますので、読んでやってください。そうそう、私が東京に行っている間に、ご実家から桃を送っていただいています。まだご両親にはお礼が出来ていないのですが、ひとまずはよろしくお伝えくださいませ。ありがとうございました。
Posted by 備前の風 at 2010年08月23日 16:25
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13754238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)