2011年04月24日

小学校でのチャリティコンサート・・・この思いを岩手へ

今日、岡山市立桃丘小学校でのチャリティコンサートが行われた。開演前から突然のどしゃぶりの雨、そして雷、まさに嵐のような天候になってしまった。観客の皆さんはお集まりいただけるのか・・・、不安な心持であったが、その不安は見事にはずれたのである。本当にたくさんの方にお集まりいただき、まさに老若男女。追加でイスを出すことになったくらいである。今回のコンサートでは会場の子供たちの多くが、舞台に上がって、何曲も歌ってくれて、それにつられるように会場の皆さんも歌うという、本当に楽しい空間が出来上がった。コンサートの様子は岡山市立桃丘小学校のブログで近々見ることが出来るようである。小学校の体育館の舞台の上での演奏で、いつものコンサートのようなフラットの会場ではないので、お客さんとの距離はあったが、一番後ろのお客さんの表情まではっきり見える、そのお客様の表情がコンサートが進むに連れて、どんどんどんどん和やかになっていくのが、うれしくて仕方なかった。ピアノの西村さん家族、そしてそのお知り合い、そして地域の皆さん、そして小学校の校長先生をはじめ学校関係者の皆さん、そして少年少女のチャリティ合唱団(?)のみんな、その保護者の皆さん、そして悪天候の中、会場に集まってくださったみなさん、ボイパの先生はじめ、歌の仲間たち。そして今回のコンサートをいっぱい宣伝してくださった、メディアの皆さん、日本赤十字社の皆さん・・・ みなさん本当にありがとうございました。

この温かい心持を、岩手県に持って行こうと思います。

実は来週、といっても明日からだが、岩手県の避難所でのパンフルートの演奏に行ってくることになった。実はそれに向けて、いろいろ話を進めさせてもらっていて、今回演奏に伺うことが決まったのである。現地での様子など、岡山に帰ってから、また報告したいと思う。

この記事へのコメント
お久しぶりです。
元気にご活躍何よりです。
今井さんや長さんのおかげで私も音楽に目覚めまして・・・・
先生についてもう一度JAZZオルガンの勉強を始めています。理論を勉強していなかったのでこの年で数字との戦いはかなり大変ですが頑張ってま〜す♪  それから・・・・
パンフルートでカッチーニのアベマリアを今、練習しています。
パンフルートのあの高音の美しい響きに絶対合うと思います。
お忙しいとは思いますがお暇な時、聞いてみて下さい。カッチーニのアベマリア
Posted by 微那 at 2011年05月01日 17:20
コメントありがとうございます。カッチーニのアベマリア、私も大好きです。今度お会いするときには、是非聴かせてくださいね。 
私は一昨日、岩手から帰ってきました。被災地の現状と避難所で暮らす皆さんの不安や頑張ろうとする心を肌で感じることが出来ました。
音楽の力のすごさと、音楽だけではクリアできない問題の大きさ、その両方を痛感させられました。
帰ってきてからずっと考えています。私にできること・・・チャリティコンサート、そして被災地での演奏・・・ これを継続させていく・・・ それももちろん意義のあることだと思う。しかしもっと他にできることもあるのかもしれない。
これからずっと考えていくと思います。
Posted by 備前の風 at 2011年05月01日 22:04
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13972227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)