2012年01月22日

寒いは、荒天はの東京。でも温かい結婚式と温かいうなぎなのである。

 

DVC00014.JPG今回の上京のもともとの目的は、18年前OBS(アウトワードバウンドスクール)のJALT(平たく言えば、冒険教育のインストラクター養成コース)に、同期参加した仲間の結婚式に参加&パンフルート演奏である。結婚式当日は荒天であったが、本当にあったかい、「めでたい!!」と心から叫びたくなる最高の式&披露宴であった。さて、そんな結婚した二人は、実は東京の蒲田にある「寿々き(きの字は本当は漢数字の七をピラミッド状に重ねた字である、これですずきと読む)蒲焼店」つまりはうなぎやさんの、3代目夫婦なのである。世田谷てづくり市の会場の世田谷観音視察を終え、「寿々き」で上の写真の蒲焼を食べたのである。上京するたびに、ここのうなぎを食べているのであるが・・・。このふわふわの焼き上がりと、たれとうなぎの絶妙のコンビネーションがいつ食べても、最高においしいのである。昨日結婚式の後、2次会まで参加してくれた新婦、3次会まで参加してくれた新郎、二人とも早速にバリバリ働いているのである。うーん、蒲田でコンサートをやりたくなったのである。お近くの方、そして上京の予定のある方は、「寿々き」の蒲焼を体験していただきたい。  「寿々き蒲焼店」 大田区西蒲田7−63−2 рO3−3731−5239 (定休日は毎週火曜日)

この記事へのコメント
今年の演奏は「めでたい!!」会場でアットホームな雰囲気の中、最高のスタートだったようですね。美味しそうな”うな重”、食べてみたいです。
今年の東京は先日まで異常乾燥が出ていたようですが、その日は荒天のようでほんと先のことは判りませんね。
大寒も過ぎ、これからは徐々に春に向かいます。
近くの公園には菜の花が顔を出していました。
今年も軽妙な語りとパンフルートの音色楽しみにしています。
Posted by トンコ at 2012年01月23日 02:39
トンコ様、ありがとうございます。今年もパンフルートの製作・演奏に、手作り教室に、そしてオペラに、すべての活動にベストを尽くします。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 備前の風 at 2012年01月23日 09:50
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14243004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)