2012年02月21日

気仙沼に響け、私のパンフルート!

さきほど、こんな内容のメッセージをNHKのラジオビタミン(08年5月に「ときめきインタビュー」のコーナーに出演させていただきました。)にメールを送りました。 

2008年5月にときめきインタビューに出演させていただきました。岡山のパンフルート製作・演奏家の今井勉です。ご無沙汰いたしております。村上さん、仙台からの放送では大変お世話になりました。さて、実は今日、とてもうれしいことがあったので、メールさせていただきました。
気仙沼市の渡辺さんという方(名前出すことは本人より了解いただいております)から、私のCDを送ってほしいとの電話をいただきました。実はこの方は、08年の8月に放送された、私のときめきインタビューのアンコール放送をお聴きになって、私のCDを購入してくださった方です。
3.11の津波で財産すべて(家族や知り合いはみなさん無事だったそうです)を失ってしまったが、地域(鹿折地区)の...復興に尽力されていらして、コミュニティー施設など集いの場所を作ったりで、頑張っていらっしゃるそうです。3月3日から18日まで夜はライトアップの行事をされるとのことで、その時にふさわしい音楽は何かないかと考えていたら、私のパンフルートを思い出されたそうです。以前買ってくださった私のCDも津波にさらわれてしまっています。最近やっと使える環境になったインターネットで私のブログを見つけ、電話くださったとのことです。まさにラジビタがつなぐ縁だと思います。
私は、昨年は岩手や福島の避難所で演奏を多数させていただいたことを伝え、必ず気仙沼でパンフルートの演奏ができること、渡辺さんとお会いできることを約束させていただきました。
あれから1年になる、気仙沼の夜に灯りと私のパンフルートの音色で、どうぞ皆さんの心が少しでも和み、癒されることを願わずにはいられません。
PS ゆう子お姉さんともいつかきっと音楽でご一緒できますように、願っております。」

メッセージが番組で読まれるかどうかは、さておいて、とにかく今、私はうれしいのである。

この記事へのコメント
こころ温まるお話です。
先日、二十四節季の雨水が過ぎ昨日は後楽園で「松のこも焼き」が行われました。この行事は毎年啓蟄の前に行われているようです。大地が暖まり冬眠をしていた虫達が穴から出てくる、生き物達が活動開始する時期です。今年ほど春が待ち遠しいと思っている人が多いことはないでしょう。

今井様の力強いパンルートの音色で東北地方にきっと元気な希望という名の春がやってくると思います。音楽の力は素晴らしいと思います。
Posted by トンコ at 2012年02月23日 19:01
ありがとうございます。できることを一つずつ、でも何ができるかを常に考えながら、音色を奏でてまいります。
Posted by 今井 勉 at 2012年02月23日 20:04
先ほど3曲拝聴いたしました。会場に完全にとけこんでいます。歌とパンフルートとトークとこの先行き不透明な困難な時代に益々冴え渡り多くの人に癒しと潤いを与えて行ってください。
癒されました。元気を頂きました。
前回の書き込みパンルートになっていました。
順調に歳を重ねています。
Posted by トンコ at 2012年02月24日 02:06
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14273672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)