2012年07月09日

気仙沼からの冷凍便、そして清音でのコンサート

気仙沼より.JPG

8日の昼、気仙沼より冷凍便が届いた。以前、NHKラジオの全国放送に出演した時に、私のパンフルートの音色を聴いて、CDを注文してくださった方からだ。津波で命以外のすべてを失ってしまったが、仮設店舗をスタートさせて、気仙沼の復興に尽力されている方である。今春に気仙沼でイルミネーションのイベントを行うということを聴いて、私のCDを無償で5枚ほど送らせてもらった。するとイルミネーションのBGMとして、パンフルートの演奏がとても好評だったとのことで、お礼に、少しずつ元気になってきた、気仙沼の漁業の名産を送ってくださったのだ。うれしいことである!!もうじき、東北の夏祭りの時期である。どうかみんな元気で。

きよね夢てらすでのコンサート。無事終了しました。県内各地からお客様が集まってくださって、楽しい時間を共有することが出来ました。オペラプラザ岡山の仲間も何人か来てくださいました。2時間、吹いて歌ってしゃべって・・・今頃になって疲れが・・・。風呂入って寝ます。9日お昼には真庭市湯原で「難病患者・家族の集い」で演奏します。明日は移動に少々時間がかかるので、早く寝なくては。総社・清音のみなさん、そしてピアノの吉藤さん、そして片岡君、お世話になりました!

この記事へのコメント
こんにちは
こころのこもった贈り物ですね。
2年前の秋に東京に行った時、東京タワーの下に多くの人の行列をタワー内で目撃。何だろうと近くの人にお聞きしたところ大船渡のサンマの焼立てを頂くための行列という。タワーの高さに因んで3333匹無料提供、無くなり次第終了。壮観でした。その年はサンマが不漁だったらしく関係者の努力でようやく開催にこぎつけたようです。そして昨年はどうだったかと言うと地震の影響で大変だったでしょうが開催されたようです。気仙沼と大船渡は地理的に近いようで生活基盤の漁業が立ち直らないことには生活もままならないと思います。その被災地からの贈り物は何物にも代えられない宝物でしょうね。

これを励みにまたパンフルートの音色にも磨きがより一層かかり素敵な空間が広がって行くことでしょう。

   響けパンフルート 未来にエール
Posted by トンコ at 2012年07月12日 09:24
ありがとうございます。ますます頑張りますよー!!
Posted by 備前の風 at 2012年07月13日 00:37
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14455729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)